ホーム > 河内材・大阪産(もん)

「おおさか河内材」と「大阪産(もん)」について

工房で製作しているインテリア製品は「おおさか河内材」と認証されたヒノキ等の木材を使って製作しています。また、これにより「大阪産(もん)」の商標使用許可を受けています。

  

「おおさか河内材」とは

大阪府の南東部、河内長野市を中心とした千早赤坂村・河南町・和泉市の一部に広がる森林は、
「河内林業地」と呼ばれ、大阪府の森林面積の1/4を占めています。
全国的に見れば林業地としては小規模ですが、奈良の吉野林業の影響を受け、
およそ300年前からスギやヒノキの人工造林が行なわれてきたと言われています。

この河内林業地の特徴として、吉野林業の流れを汲む「密植」という手法がとられています。
これは植林の際に間隔を密にして植林する手法で、間伐を行ないながら生育させる方法です。
これにより木目がまっすぐで切り口が真円に近く、年輪の幅も緻密で均一な木材に育ちます。
また河内林業地で育つスギやヒノキは、色合いも少しピンクがかっていて美しく粘りがあって
良質な木材だと言われています。

木材市場でも優良材として高く評価されている河内林業地で産出される木材を、
現在自治体が中心となり「おおさか河内材」としてブランド化を進めています。

 
HOMEブログコンセプト・こだわり工房についてアクセスQAお問合せ営業カレンダーネットショップセミオーダー