ホーム > コンセプト・こだわり

コンセプト

『「にほん」の素材や技術を使い、北欧テイストのインテリアを作る』をコンセプトに、
・シンプルなデザインが他のインテリアと合わせやすい。
・動物や植物をモチーフにしたデザインがかわいい。
・カラフルな色使いが楽しい。
・機能的な構造が使い勝手が良い。
・自然や人に優しい作り手の姿勢が共感できる。
そんなモノやサービスを作り、
お客様と一緒に、ここち良く暮らす生活環境を作っていきたいと考えています。

北欧テイストのインテリアに惹かれるのには、人それぞれいろいろな理由があります。
人によって惹かれるポイントは違いますが、
素敵な「北欧テイストのインテリアが好き」という気持ちは、
同じなのではないかと思います。

私達はそんな、環境は違うけれども同じ気持ちを持った人々の想いを形にする為に、
「にほん」の良質な材料や素材を使い優れた技術を用いて、
一人ひとりの想い描く、素敵な生活環境を、
お客様と一緒に作っていきたいと考えています。

なぜ北欧なのか?

一番は、私達自身が北欧のインテリアが好きだという事があります。
昔からなぜか北欧デザインのインテリアに惹かれてきました。
また、ひとつのモノを大切に長く使うという姿勢にも共感するところがありました。

では、なぜ北欧デザインのインテリアに惹かれていったのか?
調べていくと、日本と北欧には多くの共通点がある事が分かりました。

・国土に対して森林の割合が多く、古くから生活の中に木のある生活を営んできた。
 日本と同様に木造建築が多く、家では靴を脱ぐ習慣があるなどの生活様式も
 共通している部分がある。

・自然との距離が近く、生活で使うあらゆる道具の中に、
 植物や動物をモチーフにしたデザインが多いこと。

・ものづくりへの関心が高く、一つのモノを大切に良いものを手入れをしながら長く使う。
 日本にも「モッタイナイ」という言葉があるように、ひとつの道具を大切に使う心がある。

・家具や雑貨のデザインにおいても、無駄な装飾を行わず機能的で使いやすいデザインが多い。

・日本も北欧も天然資源に乏しく、山地が多い国土の日本や寒冷な季節の長い北欧という、
 厳しい環境におかれたそれぞれの国の人々が、厳しい自然環境の中でも豊かに暮らす為の、
 暮らしや文化は共通するものがとても多い。

こうした背景から、日本の人々が北欧のデザインや製品に対して、
なぜだか惹かれる土壌があったのかもしれません。

そうした北欧の要素を持ったインテリアを、
日本の風土に最も合う国産の材料を使って作りたい。
その想いから、この工房をはじめるに至りました。

こだわり

工房での製品づくりでは、北欧テイストのシンプルモダンなデザイン、
機能的な構造の製品を作ります。
品質の良い製品を作り、メンテナンスをしながら長く使ってもらえる製品作りを目指しています。

工房では「おおさか河内材」という、大阪の南河内林業地で産出される木材(主にヒノキ材)
を使って北欧テイストのインテリアを製作しています。
その「おおさか河内材」は、工房から車で20分程度の場所に位置する、
南河内林業地内にある製材所から直接木材を仕入れています。

地元の木材を使って地元で製作する。
これにより材料を直接その目で見て、また製材所の方々と直接話をする事で、
良い木材を製品に製作するのに適した形で仕入れる事を可能にしています。

木材に関しては、日本の森林はその40%が人工林ですが、
現在その人工林の木材が輸入材に押されて使われず、手入れも行なわれず放置される、
森林の放置と荒廃が問題となっています。
一度人工的に植林をした森林は手入れをし続けなければなりません。
荒廃してしまった森林は、自然災害の原因となり環境の悪化にも繋がります。
また、戦後に植林された木材は収穫期を迎えており、
その木材が森林に残されている事は、資源が有効に活用されていない事になります。
工房では、そうした木材を少しでも有効に活用する事を目指しています。

そして木材以外の材料も、できるだけ国産のもの地元のものを使う事にこだわっています。
国産の材料を使う事で、品質の良い製品を製作する事だけでなく、
その素材の産地の産業を少しでも盛り上げる事に貢献し、
ひいてはそれが、日本全体を元気にする事につながればと考えています。

HOMEブログコンセプト・こだわり工房についてアクセスQAお問合せ営業カレンダーネットショップセミオーダー